• onejune88

なぜハヌル12真法なのか

 農者が春に種を播く為に冬には休まずに春を迎える準備をしていることと同じです。

人類歴史を診るといつも春が来て、夏・秋・冬を経て、必ず再び、春がくるでしょう。


今の時期は健康で丈夫な種になるために自分が自分自身を自ら満ちる必要がある季節です。


 ハヌル12真法と言う言葉はなじみが薄いと思いますが、一言で『自然の法則』と言えます。

 ハヌルは天、自然、宇宙、空、エネルギーの世界などの意味の韓国語です。

 12は繰り返して何かを産み出す規則正しい数である。例えば、12か月が経ったら1年になり、 12支(地支)が10干(天干)と組み合わせて60(還暦)になり、12時間が2回経ったら1日になりますね。このホームページのhappy1212はhappyが永遠に続くという意味です。^.^


 真法と言う言葉は要らないかも知りません。12というところに意味が全て入っているからです。でも、これが付いていることは【ハヌルの法則を】私たちの身心に植え込む「まことな法」と考えられます。

 自然の法則をそのまま身心に植え込む真の方法⁉

 実践して行くあいだに意味が自ら分かって来ると確信しています。




5回の閲覧

最新記事

すべて表示

氣って何?

自然の四季、あらゆる物は全て陰と陽に分かれています。 でも、陰と陽って解るけど、そもそも何なのか?と思ったことないですか。 大昔、宇宙は混沌とした氣の状態だったそうです。それが、重いものは下に軽いものは上にと分かれて二つの氣の状態になったそうです。 陽は天 太陽 朝 火 男性 陰は地 月 夜 水 女性 そして、躰でも 体内のエネルギーを維持していくのが陰、外側(体)が陽です。そのバランスが上手く取