• onejune88

6.修練に関する注意事項

修練が進んだときに、時々、以前の病気の症状が現れたり一時的な後退や病気の新たな症状を経験する。これは治療の過程としても知られる治療段階の影の段階である。この現象は病気の深い治療が伴う避けられない体の普通の反応であり、下痢、高熱、体の痛み、過去の病の再発などを伴う可能性がある。

これは、一元の氣を受け取ることで、病気で死んだ細胞の場所に新たな細胞が生み出された結果である。このようにして、それは痛みと病気を持った体は早い治療段階を経験するときに起こる。この過程は新しい建物を建てるために古いビルを壊す過程に似ている;いつも、この過程で多くの騒音や建物の廃棄物ができる。こうしたことは治療段階の間に体に起こっている。

治療段階におけるこの過程の激しさと長さは修練者の体の状態と病状による。これらの症状の激しさと長さが修練者の今の病気の深刻さと体の状態に関係しているからである。

この過程は、周期的に繰り返され、時間の経過とともに、短くなり、激しさは緩和され、最終的には健康になる。それゆえ、治療過程のこの影の段階は修練における進歩の重要な段階である、だからこそ、修練者は、病気は改善するという強い信頼と自身をもって勤勉に修練する必要がある。

 


この過程は、周期的に繰り返されるが、


発生の激しさ、期間は減り、ついには健康になる。

この一時的痛みは病気の悪化ではなく

より健康になる過程の一つである。 

(好転反応と言う)



体の体質改善

修練中に、修練者は84,000の氣穴と経絡が開き、修練者の体の体質は氣で満ちたものに変化する。この過程で、氣による体の痛み、かゆみ、下痢等のような症状が現れるが、修練者が修練を通して体が浄化しているという良い証拠である。(好転反応)

長い間使わなかった筋肉を使った後に痛みが生ずるのと同じように、氣による体の痛みは、一元の氣の偉大なパワーが体に反応しているという証である。また、負荷をかけて運動した後で筋肉が強化するように、氣による体の痛みを経験した後には、体の氣の氣が浄化されて増加される。

体の氣穴が開くときに皮膚にかゆみを感じるのは自然である。下痢は体から毒素と濁ったエネルギーを放出する過程である。だから、投薬でとめたりはせず、自然に出したほうがいい。これらの症状の後で、浄化して健康になった修練者は体に違いを感じることができる。

1回の閲覧